【本格教室・米子】沈香を使った練香作り ~古典調合『六種の薫物(むくさのたきもの)』について学ぶ~

オンラインでのご予約・お問い合わせ お問い合わせフォームはこちら

お電話でのご予約・お問い合わせ 090-4490-8867 受付時間 9:00 〜 18:00

詳細

粉末にした香原料を調合し、蜜と炭粉を練り合わせたお香を「練香」といいます。「空薫(そらだき)=温めて使う」ことから「薫物(たきもの)」とも呼ばれ、平安時代には「趣味の香」として、貴族の遊戯や生活の中に多く取り入れられました。
その中で、季節になぞらえた特徴を持った6種類の香りに洗練されてゆき、これを「六種薫物(むくさのたきもの)」と呼びます。香書『薫集類抄(くんしゅうるいしょう)』には、家ごとの調合のレシピが記載されており、高価な香料をふんだんに使い、より気品のある香りを作ることが、貴族の嗜みであったことが伺えます。
今回の講座では、『薫集類抄』を基に、実際に古典の調合を体験いただきます。

 

申込み方法・詳細はHPをご確認ください

https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1173627.html

会場へのアクセス

NHK文化センター米子教室

  • 〒683-0061 鳥取県米子市四日市町127-1
オンラインでのご予約・お問い合わせ お問い合わせフォームはこちら

お電話でのご予約・お問い合わせ 090-4490-8867 受付時間 9:00 〜 18:00

開催予定一覧 

手軽に天然の和の香りを楽しみたい方へ

和香房ゆあんのオリジナルお香を販売中

Creema こちらからご購入いただけます